バルトレックス500mg

2016.2.12
梅毒やヘルペスの病名とバルトレックス通販で費用削減

性感染症は近年若者を中心に感染者が増加傾向にあります。主な性感染症の病名として梅毒、性器ヘルペス、淋病、尖形コンジローム、クラミジア感染症などがあります。最近では梅毒の患者は少なくおり逆に性器ヘルペスなどのヘルペスウイルスによる感染者が多く流行中の性感染症と言えるでしょう。また性感染症で注意しなければならないのがエイズといった重症化するケースです。性感染症は性行為によって感染していきますが治療を怠り放置してしまうことで症状が悪化する場合があります。また重症化した性感染症にはお薬が効かなくなる場合もあり治療が大変困難となりますので、性感染症に感染しない為の事前の予防や定期的な検査などが必要で、もし性感染症に感染していると判明したらすぐに治療を開始することが大切です。また性感染症である性器ヘルペスにはバルトレックスといった治療薬が即効性もあり効果が高いとされています。このバルトレックスは現在500mgと1000mgの治療薬があり、バラシクロビルという成分を含むお薬です。このバラシクロビルには服用することで体内で抗ウイルス作用を持つ成分へと変異し、ヘルペスウイルスの増殖を抑える効果があります。また服用方法では性器ヘルペス、帯状疱疹、単純疱疹、水痘などで服用回数や服用量が異なりますので、服用前に必ず確認しておきましょう。バルトレックスは副作用がとても少ないお薬ですが、もし強い副作用を感じたり他の治療薬と併用して使用を考えている方がいらっしゃいましたら、専門医師に事前に相談の上、バルトレックスを処方してもらいましょう。場合によっては併用する薬との効果で症状が悪化したり副作用が強くでる場合がありますので注意が必要です。もし費用を抑えたいという方は個人輸入代行を行っている通販サイトでも購入が可能なお薬ですので費用を比較しながら購入されると良いでしょう。