バルトレックス500mg

2016.2.22
がんでのヘルペスウイルス潜伏期間とバルトレックス

感染症においては病原体が体内に侵入して感染が成立してから発症するまでに時間がかかります。その期間を潜伏期間といい、その病原体によって独特の期間が概ね定まっています。短いものはわずか数時間というものもいますが、長い場合には数週間どころか数年や十年以上というものもいることが知られています。感染源となる病原体の種類にも多くの種類があり、細菌やウイルス、真菌、原虫などが知られています。感染症として知られる性病にもこれらのどの種類の病原体もが関与しており、その感染源に応じた治療を行っていくことが必要です。ヘルペスウイルスはその一つであり、2日から10日程度の潜伏期間を持って発症することが一般的です。しかし、抵抗力が十分にある人では症状がはっきりと生じないこともあり、抵抗力が低下したときに発症するということもよくあります。その典型的なものががんの発症によって免疫抑制剤を使用した場合であり、それによって免疫力が低下してヘルペスウイルスの増殖に対して抵抗できなくなると発症してしまうようになります。がんであるかどうかにかかわらず、ヘルペスウイルスの治療に役立つのがバルトレックスであり、ヘルペスウイルスに対して選択的に作用して治療を実現することができます。バルトレックスを服用すると5日から10日程度でほぼ症状をなくなる程度まで治療できることが一般的です。しかし、神経節に侵入してしまったヘルペスウイルスを死滅させることができないために完治を行うことは現状としては困難であり、再発するリスクがあるということは常に気をつけている必要があります。発症の際には再度バルトレックスを使用すれば治療できるでしょう。